Archive for 4月, 2014

土地にかかる固定資産税について

土地を持っていると、土地には固定資産税がかかります。土地も立派な資産として認められていますから、毎年1月1日の時点で土地を所有している場合は固定資産税がかかるのは当然です。土地にかかる固定資産税というのは、どういう用途でその土地が使われているのか、それによって変わるのは知っていますか? 一番優遇されているのが、住宅用地として使われている土地です。住宅用地は固定資産税の計算をするときには、課税の優遇がされます。そのため、減額をされることになるのです。住宅用地には、小規模住宅用地と一般住宅用地とで分かれており、小規模住宅用地は住戸1戸で200平米以内であれば通常の固定資産税の6分の1、一般住宅用地で200平米以上となる場合は、通常の固定資産税の3分の1とされています。 住宅用地ではない土地は固定資産税が通常通りとられてしまいますので、注意が必要です。土地というのは資産として持ち続けることができますが、固定資産税が思いがけぬ負担となってしまって、毎年出費がかさんでしまいます。持っているかぎり毎年続きます。資産でも維持していくのは土地の場合はお金がかかるということを知った上で、土地という資産を所有するようにしましょう。