南流山でおすすめの新築分譲マンション情報

流山市といえば、歴史好きの方にとっては新選組流山本陣跡として有名な土地でしょうか。小林一茶がよく訪れた土地としても有名で、一茶双樹記念館などもあります。都心に近いのに緑豊かな「森」の町としても知られています。文化的で緑豊かで都心へのアクセスに優れているなんて、住むのにとても適した土地だとは思いませんか?

そんな流山市で今一番おすすめの新築分譲マンションといえば、GLOVAL VILLAGE PROJECT(http://www.aqua-suite.jp)です。

南流山では、冒頭でも触れましたが、都心へのアクセスに優れています。つくばエクスプレスのほかに、JR武蔵野線も利用可能です。この路線はJR東日本によって、他の鉄道会社との結節点を多く持つ東京圏の環状路線群「東京メガループ」のひとつと定められており、17路線と接続を持つので、どこへ行くにも大変便利です。

GLOVAL VILLAGE PROJECTは、子育てファミリーにとても嬉しいポイントがたくさんあります。マンション内で小学館アカデミーとタイアップした英語のレッスンが受けられますし、マンションの隣には保育園が建つ予定ですし、近隣(徒歩圏・自転車圏)には幼稚園も保育園もたくさんあります。間取りは3LDK/4LDKから選ぶことができますので、あなたの家族構成に合ったお部屋を選ぶことができますよ。

土地にかかる固定資産税について

土地を持っていると、土地には固定資産税がかかります。土地も立派な資産として認められていますから、毎年1月1日の時点で土地を所有している場合は固定資産税がかかるのは当然です。土地にかかる固定資産税というのは、どういう用途でその土地が使われているのか、それによって変わるのは知っていますか?

一番優遇されているのが、住宅用地として使われている土地です。住宅用地は固定資産税の計算をするときには、課税の優遇がされます。そのため、減額をされることになるのです。住宅用地には、小規模住宅用地と一般住宅用地とで分かれており、小規模住宅用地は住戸1戸で200平米以内であれば通常の固定資産税の6分の1、一般住宅用地で200平米以上となる場合は、通常の固定資産税の3分の1とされています。

住宅用地ではない土地は固定資産税が通常通りとられてしまいますので、注意が必要です。土地というのは資産として持ち続けることができますが、固定資産税が思いがけぬ負担となってしまって、毎年出費がかさんでしまいます。持っているかぎり毎年続きます。資産でも維持していくのは土地の場合はお金がかかるということを知った上で、土地という資産を所有するようにしましょう。